kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

総務省 携帯端末の値引き規制へ 法規制も視野に

   

秋も深まり、雨がちな時期となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

冬の到来が予想される携帯業界ですが、とうとう、終わりの始まりが訪れるのでしょうか。

SPONSORED LINK

携帯端末の値引き「過剰」 総務相が法規制案表明

高市早苗総務相は16日の日本経済新聞のインタビューで、携帯電話端末の値下げに対する規制案を表明した。背景にはスマートフォン(スマホ)の値引きが「かなり過剰」になっているとの認識があり、利用者間の不公平をなくすため、法律による規制を検討する必要があると指摘した。ただ民間市場に対する異例の「値下げ規制」は政府の行き過ぎた介入につながる恐れもある。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS16H8K_W5A111C1EE8000/

日本経済新聞によれば、総務省は現在行われている料金値下げに向けた有識者会議にて、携帯端末の値引きに対する法規制を行う方針とのことです。

先日、首相肝いりで発足した有識者会議では、高騰が叫ばれる携帯電話料金の値下げに向けた議論が行われています。

そうした中で、法規制を含めた規制が検討されるということは、かなり強い強制力を持った指針が示されるのではないか、と思われます。

特に問題視されているのは、乗り換えユーザーに対する多額の割引や現金還元などで、こうした施策の原資は既存ユーザーの通信量であるとして、不公平感が叫ばれています。

特に、2014年3月にはこうした事情を鑑み、一説によれば総務省から通信事業者に対する直接警告が行われたといわれており、携帯業界がパニックに陥ったことも記憶に新しいでしょう。

また、今年5月以降発売モデルからのSIMロック解除義務化により、MVNOが普及するかに思われましたが、新型機種が解除可能になるまでのタイムラグや、MVNOのユーザーサポートの問題などが浮上し、未だ普及率は低く推移しています。

 

今回の規制が実現したとすれば、本体代金と基本料金の分離モデルが総務省主導で導入されて以来の、携帯電話業界の転換となることは間違いないでしょう。

有識者会議は12月にも結論を出すとしており、法制化を含めたスケジュールを考えれば、来年夏以降は新制度下での販売活動となるでしょう。

4月からの電力自由化を見据え、各社販拡に努めようという時期に、どのような影響が及ぶかは未知数です。

当ブログ読者の皆さんには死活問題となりえる問題でしょう。長いこと終わりの始まりが囁かれていた携帯界隈ですが、今度こそ決定打となるのでしょうか。今後とも注視して参りたいと思います。

 - au, docomo, Softbank, 国際情勢

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

au Androidスマートフォン下取り価格を減額

今日から新年度ということで、新生活に心を躍らせている方も少なくないのではないでし …

イギリスEU離脱派が勝利 急激な円高で買取相場暴落か

今年は雨が少ないとはいえ、お天気に恵まれない季節となりました。 冬の時代を迎えて …

ドコモ 新規契約から約2ヶ月間はネットワーク利用制限 判定更新不可に

日本各地で猛暑や大雨となっているようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 6月 …

KDDI、MNP転出手数料と支払証明書発行手数料を値上げへ

携帯業界は総務省の新規制の影響で明るいニュースが入ってこないですが、ここでまたし …

3月週末特価情報(3/7・8)

寒かった2月もおわり、実りの季節3月となりました。これまで寝かせてきた回線を、今 …

docomo公式キャンペーンまとめ(2/4現在)

明日は首都圏を中心に、雪の予報となっております。凍てつく風が吹き付ける季節、2月 …

no image
プリペイドカード「ソフトバンクカード」を提供開始へ

コールドな話題が続く携帯界隈ですが、そんな中ホットな話題です。 au walle …

docomo iPhone6 機種変更特価

すっかり冷房が手放せない季節になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 SIM …

docomo 新契約ルールの運用開始 契約基準が大幅に変化か

夏の盛りもすぎ、すっかり秋雨の季節となってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょ …

au ID統合に関する雑記【2016年版】

桜も散り始め、夏にむかってまっしぐらという今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょう …