kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

iPhone SE発表 3/24注文開始 3/31発売 中国とほぼ同価格に

   

林檎教の特別ミサへ参列された方、お疲れ様でした。

前回の発表から半年少々、異例の発表となりました。

SPONSORED LINK

http://www.apple.com/jp/iphone-se/

今回はiPhone5の筐体にiPhone6を詰め込んだような、iPhone SEが発表となりました。

処理能力やカメラは強化されつつ、外観はほぼ変化はありませんがiPhone6sからのローズゴールドが追加されました。

筐体サイズに変化はなく、iPhone6シリーズの筐体の大きさを拒み、iPhone5sで粘っていたユーザーのために出したものだと考えられます。

また、容量は16GBと64GBの2モデルが設定されているようです。

国内販売価格

価格を見ていきましょう。

日本国内では以下のようになっています。

16GB 64GB
iPhoneSE 52,800円 64,800円

 

iPhone5s 16GBの売り出し価格が71,800円に対し、すこしお手頃になったように感じます。

 

香港販売価格

なにかと注目が集まる香港販売価格ですが、以下のようになっています。

16GB 64GB
iPhoneSE HK$3,488(約5.02万円) HK$4,288(約6.17万円)

 

概ね日本での販売価格と大差はありませんが、iPhone6sの発売時とは逆転し香港販売価格のほうが約3千円安いかもしれません。

中国本土販売価格

注目している方も多いであろう、中国本土での販売価格は以下のようになっています。

16GB 64GB
iPhoneSE 3,288人民元(約5.55万円) 4,088人民元(約7.03万円)

 

中国本土販売価格もあまり変わりません。日本国内価格と比較して、約4千円から5千円程度上回っています。

モデルによる機能制限等があれは、日本版への需要はあるかもしれません。

 

今回のは発売日は大きな混乱を招くこともなさそうですが、国内主要キャリアからの発売価格が気になるところです。

なお、文中の為替レートは執筆時点での計算です。

 - iPhone SE, 国際情勢, 市場価格動向

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

総務省 携帯端末の値引き規制へ 法規制も視野に

秋も深まり、雨がちな時期となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 冬の到来が …

docomo 19ヶ月目以降の機種変更に割引するプログラム開始

気温もずいぶん下がり、過ごしやすい日が続く今日この頃。みなさまいかがお過ごしです …

白ロム端末販売価格高騰 下取り施策や格安SIM普及が背景か

春の足音が近づきつつも、まだ遠い今日この頃。いいかがお過ごしでしょうか。 すっか …

no image
iPhone6/6 Plusの密輸が摘発

先日発売となったiPhone6/6 Plusですが、中国本土での発売が未定となっ …

iPad用Apple SIM 発売開始 日本ではauが対応

激変が続く携帯業界ですが、SIMカードはキャリアごと、という常識さえもとうとう破 …

HOYAのスマートフォン保護ガラス Z’us-GをiPhone SEで試してみた

桜の便りが各地から届くなど、春めきつつある今日この頃。みなさまいかがお過ごしでし …

総務省 NTTドコモとソフトバンクへ適正化要請 初の行政指導

首都圏では桜も満開を過ぎ、崩れた天気が続く今日このごろ。みなさまいかがお過ごしで …

SIMフリー版のiPhone6/iPhone6 Plusが日本で品薄になるかもしれないお話

米カリフォルニアで行われたApple教のミサをみなさん観ましたか? その会場で …

主要白ロム・市場価格動向(6/27)

日々変化の著しいモバイル界隈、できれば最新機種で、より素晴らしいユーザー体験をし …

docomo版Xperia Z3 引き続き買取価格高騰

台風の季節となりました。関西方面では、林檎のたたき売りが始まっているようですが、 …