kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

総務省 携帯料金の追加値下げを要求へ 各社決算好調を受け

   

南方では梅雨入りが発表されるなど、夏が一歩ずつ近づく今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

長雨を目前にして、携帯業界の雲行きも怪しくなっているようです。

SPONSORED LINK

総務省:携帯3社に追加値下げ要請検討、好決算受け-関係者

総務省は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクグループの3社にさらなる携帯料金の引き下げを求めていく考えだ。同省関係者によると、直近決算が好調だったことなどから、3社には値下げ余地がまだ十分あると同省は認識しているという。報道を受けて各社の株価は急落した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-05-17/O797JW6K50Y701

携帯販売に関するガイドライン発効以降、実質0円などの大幅な割引販売は終息したとされました。

総務省の意向通り、こうした割引をやめることでライトユーザーや長期契約者に有利な料金プランも用意されつつあるのが現状です。

しかし、実質0円販売終息による販売経費の削減を背景として、携帯各社は好決算となったと見られており、総務省では利用料金の低減を行うように要求していくとしています。

 

実際には、EC物販や電力・保険・決済といった異業種への進出や統合を背景に、収益を伸ばしています。

当サイトでも何度か取り上げている通り、こうした通信と異業種とのコラボレーションは、ここ数年で各社が取り組んでいることであり、投資や注力が実りを迎える頃合いでもあるでしょう。

こうした方策は携帯各社の企業努力によるものであり、実質0円販売終息による販売コストの削減よりも大きなウェイトを占めていることは間違いありません。

また、データ通信容量による訴求など、新しいステージでの競争も始まっており、必ずしも料金体系が硬直化していると言い切れないのではないでしょうか。

こうした介入は、自由競争の観点からも自重すべきであり、出過ぎた対応は価格統制へと繋がる懸念があると言えるでしょう。

 

今年に入ってから新規制下での販売体制が実現したことにより、これにて一段落と思われた携帯値下げ騒動ですが、まだまだ混乱は続きそうです。

今後の動向を引き続き注視して参ります。

 - au, docomo, Softbank, 市場価格動向, 携帯料金値下げ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

auにかえる割スーパーについての注意点

都内でも初雪や初氷の便りが届く今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 …

no image
Softbank ホワイトプラン受付継続

docomoを皮切りに通話定額プランへの統一へと舵を切りかけた携帯キャリア各社で …

docomo 「dカード プリペイド」を発表

日々秋の深まりを感じる今日このごろ、読者の皆様いかがお過ごしでしょうか。

au 電力事業参入へ 携帯各社異業種へ進出続く

すっかり空調のいらない過ごしやすい季節となりました。木々も色づきはじめ、冬の足音 …

docomo シェア特割開始 「ツートップ」引きとめへ

暑い日が続き、バテてしまっている人も多いかもしれません。読者の皆様はいかがお過ご …

au iPhone 6/6 Plus限定割引キャンペーン開始

さて、年度末商戦期へ向けて、docomoやauといった携帯各社、割引キャンペーン …

auとSoftBank 「通話定額プラン」値下げへ 低価格プラン投入

台風一過ということで、ようやく晴れ間が見えた週末でした。皆様いかがでしたでしょう …

主要白ロム・市場価格動向(6/30)

日々変化の著しいモバイル界隈、できれば最新機種で、より素晴らしいユーザー体験をし …

iPhone買い取り相場下落 月末特価で在庫流入か

10月らしからぬ暑さや台風に見舞われるなど、まだまだ残暑といった今日この頃。皆様 …

ドコモ版au wallet ドコモ口座が最大10%のキャッシュバックキャンペーン実施

シルバーウィークも終わり、すっかり秋となりました。季節の変わり目ということで、な …