kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

MNP回転が難しくなるかもしれない話

      2014/11/25

こんにちは。晩秋から冬へと季節が移り変わってきましたが、各キャリアにおいては各種案件が成熟しつつある今日この頃。みなさまの収穫はいかがでしょうか。

さて、少々ショッキングなタイトルですが、先日Softbankの契約をした際に少し気になる話を聞いたので、そのへんも含めてまとめていきたいと思います。

SPONSORED LINK

auにおける短期解約関係の扱いの変更

auといえば、かなり開通しやすいことで有名でした。支払い事故歴がある人でも開通してしまうケースさえささやかれていたほどです。

そんなauですが、今月に入って某掲示板や某短文SNS上で開通不可報告が出回るようになりました。出てきた話としては2点です。

・支払い実績2回、90日から120日に変更

また、これまでauでは概ね90日以上の契約後にMNP転出をかけることによってブラックリストに入ることはないと言われていました。

しかし、最近この基準が変わったことが噂されています。

・回線の利用実績が考慮されるようになった

これまで基本的に利用実績が考慮されることはありませんでしたが、利用実績が全くない回線利用者については新規開通に悪影響があることが噂されています。

なおdocomoでは、7月の段階で代理店から利用実績をつけたほうがいいという話があったため、もしかすると各キャリアが利用実績を判断し始めたのかもしれません。

このような状況ですので、4ヶ月未満での短期解約と転出、利用実績が全くない状態はあまり好ましくないと言えるでしょう。電話するなどして利用実績をつけることが重要となってくるでしょう。

Softbankにおける短期解約者情報の他社への提供

先日Softbankを契約した際の、契約条件書に気になる文面があったので引用します。

>短期解約(購入日から6ヶ月以内)の場合は、各携帯会社へ加入期間の開示を行う場合があり、各キャリアで次回新規登録が出来ない恐れがあります。

つまり、各キャリア間で契約期間情報の開示が行われることがあることが示唆されています。

現状、料金滞納情報は各キャリア間で共有されており、強制解約歴がある場合は各キャリアで新規契約ができない状況となっています。このような利用者情報を共有できる下地はあるため、短期解約によって全キャリアでブラックリスト入りする可能性さえも存在するというわけです。

また、一説によればSoftbankとY!mobileは審査情報を共有しているという話もあり、その暗示としての一文なのかもしれません。

「場合がある」という表現となっているため、運用によりけりかとは思われますが、気に留めておいたほうがいいかもしれません。

 

短期契約や利用実績のない回線への風当たりが強くなりつつあるようです。おごることなく、寝かせであっても毎月実績を作っていくことが重要になるのかもしれません。

 - MNP, 回線戦略

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
au公式キャンペーンまとめ(2/6現在)

全国的に雪が降るところが多いようです。外出時には路面凍結に注意する必要があります …

イマサラ聞けない携帯乞食のイロハ(契約ルール編)

各種マスメディアでも報じられている通り、MNP(携帯番号ポータビリティ)制度を利 …

docomo 端末購入サポートにGALAXY 2機種を追加 投げ売り体制か

六月も下旬となり、蒸し暑さが日に日に増してくる今日この頃。発熱端末には厳しい季節 …

au 7月から下取り還元額減額へ

あまり雨に恵まれない梅雨でした。この夏は渇水が心配ですね。 さて、文字通り干上が …

iPhone6 MNP特価復活か

暖かい日も続き、すっかり新緑の季節となりつつある今日この頃。 携帯業界も雪解けと …

no image
【関西】11月連休特価情報ドコモ au Softbank

朝晩の冷え込みが厳しくなった今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今週末は …

docomo 半年間のパケフラ縛りを本日より導入【追記あり】

かねてから噂されていましたが、ついに現実のものとなったようです。 携帯業界に冬の …

イマサラ聞けない携帯乞食のイロハ(違約金編)

各種マスメディアでも報じられている通り、MNP(携帯番号ポータビリティ)制度を利 …

同一名義でau回線を2週間で4本開通させた話

3月最初の土日となり、お得な案件を小耳に挟むようになってまいりました。 今回も、 …

au ID統合に関する雑記

auのサービスを120%活用するために、au IDは不可欠なものです。 そんなa …