kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

「携帯電話詐欺」に無罪判決 2年縛り解約に違法性はなし

   

夏も盛りということで、各販売店においては特価案件が目白押しとなっています。

さて、そんな携帯界隈ですが、警察沙汰となっていた事案の判決が下ったようです。

SPONSORED LINK

犯罪の証明がない…「携帯電話詐欺」に無罪判決

携帯電話を利用する意思がないのに販売店に契約を申し込んで携帯電話をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた石川県白山市の20歳代女性に対し、金沢地裁は7日、無罪(求刑・懲役10月)の判決を言い渡した。

起訴状によると、女性は2013年11月、野々市市や金沢市の家電量販店で、自身が携帯電話を使う意思がなく直ちに解約するのに契約を申し込み、携帯電話計4台をだまし取ったとされる。白山署が任意で捜査し、昨年10月に詐欺容疑で金沢地検に書類送検、同地検が2月に在宅起訴した。

 公判で検察側は、「契約は利用者が2年間携帯電話を利用することを前提にしていた」と主張。判決で井草健太裁判官は、契約の約款には解約時期を制限する規定などは見当たらないと指摘し、「犯罪の証明がない」と結論づけた。

YOMIURI ONLINE

この事件では、携帯電話を利用する意思がなく、直ちに解約するのに携帯電話を契約した場合、詐欺罪に問われるということで起訴に踏み切ったようです。

しかし、みなさんご存じの通り、携帯電話の2年縛りは違約金を支払うことにより、解約が可能となっています。2年縛りは、2年間の継続利用を条件に、基本料金を割り引くものであり、携帯電話の最低利用期間を規定したものではありません。

また、一括支払いにより端末を購入した場合、端末自体の所有権は契約者に移っており、その点において法的問題はないと考えるのが妥当でしょう。

もちろん、料金を踏み倒すなどの悪質な場合は詐欺として摘発されるべきですが、請求料金をきちんと払っている以上、詐欺というのは言いがかりと言うしかないのではないでしょうか。

今回は裁判官が約款に解約時期の規定がないことを理由に、無罪となったようです。

しかし、求刑が懲役10ヶ月ということで、携帯の約款に理解がない裁判官が担当であったら、目も当てられない結果となっていたかもしれません。

 

今回問題となった契約後2年以内の解約および使用端末の売却は、通信品質・端末品質が期待したものではなかったというような場合に起こりうるケースです。

残念ながら携帯契約のクーリングオフ制度が現実のものとなっていない以上、様々な事情により短期解約を強いられるケースはなくならないでしょう。

2年以内の解約が法的に問題ないことが確認されたことは、大きな意義であったと言えるでしょう。

 - 国際情勢, 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

iPhone 6S SIMフリー版買取価格速報(9/24版)

新機種発売当日となりました。今年は予約販売が主ということですが、みなさん予約は済 …

有識者会議とりまとめ キャッシュバック・実質0円廃止勧告 業務改善命令も

強烈な逆風が吹き荒れる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、 …

Apple Watch買取価格概況(4/26現在)

ウェアラブルデバイスの本命とも言われている時計型端末Apple Watchが、去 …

交換済みGALAXY Note7にも充電60%制限の強制アップデート配信

朝晩の気温が下がり、北海道では積雪の便りが届いた今日このごろですが、皆さんいかが …

GW特集記事 香港の現状

さてみなさんいかがお過ごしでしょうか。 今回はSIMロックの件があり、GWの案件 …

no image
ノジマ、携帯販売のITX買収

さて、先日家電大手のビックカメラがdocomoの一次代理店を買収した、というお話 …

appleが中国でiPhone下取り開始

桜の季節もすっかり終わり、春の嵐に見舞われる今日この頃。 実りの林檎にも陰りが出 …

筆始め

初めまして。 ちょっとサーバーにwordpressを導入してみたので、ブログ形式 …

no image
端末メーカーが自立へと向かっていく話

現金とともに携帯端末が配られることが日常と化している今日この頃、情報感度の高い皆 …

3月週末特価情報(3/28・29)

実りの季節3月も佳境となってまいりました。これまで寝かせてきた回線を、今こそと意 …