kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

ドコモのパケット代が青天井になってしまった場合の対処法

   

クリスマスも近づいてきた今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

昔から「パケ死」という言葉をよく耳にしたことがあったかと思います。今回ついにやってしまいました。色々あってなんとかなりましたので、まとめていきたいと思います。

SPONSORED LINK

昔はISP設定ミスや、海外でパケット定額に入らずに高額料金を請求されたという話が聞かれました。最近はあまり聞きませんね。

そもそも今回の原因は

ドコモ口座の10%キャッシュバックキャンペーンのためにspモードを契約したまま、数ヶ月放置していました。

そして忘れていた頃にキャッシュバックが付与されており、ドコモの月額料金に充てようと思ったわけです。

しかしながら、このドコモ口座がくせ者でしてパソコンからはログインできず、スマホやタブレットからのみのログインとなっています。

そしてスマホでログインしてみるとドコモの2段階認証の壁が立ちふさがってログインできないという二重苦です。

もうこうなったら、海外機種のHTC One(E8)にSIMを挿入し、該当回線のSMSを見るしかありません。

今までなら、海外機ではSPモード通信ができなかったため、何事も無くパケ死は起こりませんでした。

しかし、ドコモは今年の10月末にspモードのIMEI制限を完全撤廃したため、気がつかないうちに通信を始めてしまいました。このIMEI制限の完全撤廃を確認するためにAPNでspモードを以前に設定してしまっていました。

そして気づいた頃には12.5MBも通信していてパケット通信料は8,303円になっていました。基本料金も全て足すと1万円を超えてしまっています。

Mydocomo

ドコモから144万円の請求が来た人もいるのでまだ1万円ならかわいいですが、できれば後付けでパケット定額に入りたいなと思いドコモショップへ行ってみることにしました。

1つの電話番号に限って1回のみ救済してもらえる

結論から言うと、1つの電話番号(契約回線)に限って1回のみ救済してもらえるということです。

余談ですが、以前救済してもらった回線を他社へ転出し、もう一度ドコモへ再転入するとまた救済してもらうことは可能なんでしょうか? これは確認していないのでわかりません。知っている方がいらっしゃればコメントをお願いします。

この問題の回線とは別に、シェアパック回線を契約しています。可能であれば、シェアオプションを付けて540円上乗せで救済してもらえばいいなぁと淡い期待を抱いていました。

ショップの方にこの事を伝えると「540円では無理」とのことでした。

なぜかというと、該当回線にパケット定額制サービスを後付けするということで救済するという形になるからです。

すなわちシェアオプションは、パケット定額制サービスではなくオプションという位置付けなので、540円だけでは救済してもうらうことはできないのです。

シェアオプション加入時には、課金されないながらもパケットMパックが自動加入となっており、何らかの事情でシェアオプションが解約された場合でもパケ死しないようになっています。

つまり、データSパック3,780円を後付けで救済してもらうのが最安となるようです。

 

みなさんもSIMの抜き挿しの際には契約状況にくれぐれも気をつけてください。

 - docomo, 料金プラン

Comment

  1. miu より:

    昨年、救済制度にお世話になりました。
    (確かに、1つの電話番号に限って1回のみ救済してもらえるって内容でした

    187,308円
    1GBくらい?(うろ覚え

    わたしの場合は7/1にパケダダ漏れさせて
    7/6に『請求書ではない、ご利用料金のお知らせ』が届き、
    7/1~7/4にダダ漏れてるよ、って内容。
    請求は8月だからパケ定額でも入ってね、ってハガキでしたので
    7月中にパケ定額つけて事なきを得ました。

    再転入時の救済モード発動は未確認です。
    つまんない内容ですみません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

docomo公式キャンペーンまとめ(2/4現在)

明日は首都圏を中心に、雪の予報となっております。凍てつく風が吹き付ける季節、2月 …

auがSIMロック解除開始へ docomoは条件変更

5月からSIMロック解除が義務化となり、携帯業界も激動の時代へと向かっています。 …

docomo 2年後に違約金のかからないプランを発表 長期ユーザー優遇へ

桜も散り、春雨に悩まされる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。 本日午前に …

docomo版Xperia Z3 引き続き買取価格高騰

台風の季節となりました。関西方面では、林檎のたたき売りが始まっているようですが、 …

au 解約月の日割りを廃止へ 2016年1月から

秋もすっかり深まり、もうすっかり冬の気分となりつつある今日この頃。皆様いかがお過 …

no image
au 19ヶ月目以降の機種代金を免除するプログラムを開始

正月気分も抜け、よりいっそう寒さが厳しい今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか …

docomo iPhone SEの実質0円販売撤回 ガラケー長期ユーザーの負担増へ

開花の便りが聞こえてくるなど、すっかり春となった今日この頃。 携帯業界は新規制下 …

iPhone 6S/6S Plus 修理や補償などまとめ

ついに発売日となった昨日、新製品にありついた読者の皆様、お疲れ様でした。 Twi …

イマサラ聞けない携帯乞食のイロハ(docomo シェアパック編)

各種マスメディアでも報じられている通り、MNP(携帯番号ポータビリティ)制度を利 …

docomo 月々サポートも半年縛り導入へ

さきの週末は、長雨の季節に晴れ間といった趣きでした。実りあるものとなったでしょう …