kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

ソフトバンク 1GB4,900円の低額プラン発表 au docomoも追従へ

   

今年は暖冬ということで、比較的あたたかい年末年始となりました。みなさまの戦果はいかがだったでしょうか。

冬の時代まっただ中の携帯業界。お上の圧力によって誕生した低額プランは、ある意味予想通りの展開となりました。

SPONSORED LINK

SoftBank、1GBのデータ定額パックを導入

ソフトバンク株式会社は、SoftBankの料金プラン「スマ放題ライト」「スマ放題」において、月額2,900円で1GBまでのデータ通信ができる「データ定額パック・小容量(1)」を、2016年4月以降に導入します。これによりSoftBankのスマートフォン(通話+データ通信)が月額4,900円から利用可能となります。

当社は、2014年8月よりY!mobileにおいて、1GBまでのデータ通信と10分以内の国内通話(300回/月)が低廉な料金で利用できる「スマホプランS」(月額2,980円)を提供してきました。このたびSoftBankで「データ定額パック・小容量(1)」を導入することにより、データ通信の利用が少ないお客さまでもSoftBankのスマートフォンがリーズナブルな料金でお使いいただけます。

http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20160107_02/

今回ソフトバンクが導入するのは、1GBの高速通信が可能なデータ定額パック・小容量(1)です。こちらは2,900円となっており、先日導入された5分以内の通話が低額となるスマ放題ライト通話し放題ライトプランと組み合わせて4,900円での利用が可能となります。

なお、1GBを超過する場合は1GBあたり1,000円で追加通信容量を購入することができます。

 

今回、ライトユーザー向けの料金プランが導入されるということで、ギガバイト単価が高騰する形になるのではないか、と予想されていましたが、ある意味予想通りの展開となりました。

auもほぼ同様の形での追従となりそうですが、データ通信容量の分け合いが可能なdocomoがどのような出方をするかに注目が集まりそうです。

 - Softbank, 料金プラン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

SoftBank MNPキャンペーンを「パワーアップ」して継続 徹底抗戦の構えか

花の色は移りゆくものといいますが、満開の便りが届きつつも、首都圏ではあいにくの天 …

イオンモバイル シェアプランの運用考察

南の海では台風が発生した、梅雨明けしたばかりのナワオキに接近するとのことです。み …

docomo 月々サポートも半年縛り導入へ

さきの週末は、長雨の季節に晴れ間といった趣きでした。実りあるものとなったでしょう …

FREETEL、半年ごとに新しいスマホに機種変更可能な「かえホーダイ」を提供開始

台風が過ぎ去ったと思えば、首都圏では真夏日だったり、北海道では雪の予報も出ていた …

docomo・au 90日ルールまとめ

各社案件に脂の乗りつつある今日この頃。読者の皆様のなかには、様々な案件に目を光ら …

ソフトバンク 徹底抗戦へ

見通しが悪い携帯業界ですが、雲の切れ目となるのでしょうか。 さきほどお伝えした行 …

no image
Softbank ホワイトプラン受付継続

docomoを皮切りに通話定額プランへの統一へと舵を切りかけた携帯キャリア各社で …

Y!mobileにてネットワーク利用制限でかなりもめた件について

暦の上では春とはいえ、厳しい寒さが続いております。皆様はいかがお過ごしでしょうか …

SoftbankがSIMロック解除条件公開 180日ルールは横並び

SIMロックに関するガイドラインの改正に伴い、2015年5月以降に発売の機種はS …

イマサラ聞けない携帯乞食のイロハ(docomo シェアパック編)

各種マスメディアでも報じられている通り、MNP(携帯番号ポータビリティ)制度を利 …