kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

docomo iPhone SEの実質0円販売撤回 ガラケー長期ユーザーの負担増へ

   

開花の便りが聞こえてくるなど、すっかり春となった今日この頃。

携帯業界は新規制下での厳冬へ逆戻りしているようです。

SPONSORED LINK

iPhone SEの販売価格(月々サポートの期間限定増額の変更について)

2016年3月25日(2016年3月28日更新)

契約変更(FOMA→Xi)の月々サポートの期間限定増額を9,720円に変更することをお知らせいたします。

期間限定:2016年5月31日(火曜)まで
契約変更(FOMA→Xi)の月々サポートの割引総額を、さらに9,720円増額します

https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/160325_00.html

先日お伝えした通り、docomoはFOMA契約からの機種変更時に、iPhone SEを実質0円で販売することとしていました。しかし、発売直前に取りやめとなり、実質648円に値上げされることとなりました。

朝日新聞の記事によれば、今回の改訂の理由を「さまざまな指摘を受けたため」としており、具体的に何に配慮して変更となったかは明らかになっていません。

背景にあるのは、実質0円販売を規制した新指針であり、総務省の意向が強いのではないかと考えられます。

しかし、独占禁止法の兼ね合いから実質0円販売の禁止といった価格上のルールは明確に示されておらず、ガラケーからの機種変更や下取りといった割引、型落ち携帯の大幅値引きなどは容認されている状態となっています。

また、今回キャンペーンの対象となるFOMA契約ユーザーは、ガラケーを長期にわたって使い続けている長期ユーザーが多くを占めるものと推測されます。

そもそも新規制の趣旨は、長期ユーザーに対する優遇を柱としたものであったはずです。長期ユーザーに対する割引が縮小される事態は、新規制の趣旨から逸脱しており、何のための騒ぎだったのかわからなくなります。

 

今回の改訂をうけ、FOMA契約ユーザーが機種変更した場合の実質負担額は648円となります。

果たして実質1,000円未満の負担での販売が、新規制の精神に沿ったものであるか疑問が残ります。

結果的に割を食っているのは、大多数を占める2年ないし3年おきに機種変更してきたユーザーであり、割引を規制したところで割安なプランが発表されるわけでもなく、誰も幸せにならない状況となっていることは間違いなさそうです。

 - docomo, iPhone SE, キャンペーン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

SIMフリー版のiPhoneが一斉値下げ

木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました。 日本のApple Onl …

ユニバーサル料 3円から2円へ値下げ 2017年1月から

すっかり冬めき、関東ではとても珍しいことに初雪も見られた今日この頃。皆様いかがお …

docomo Pontaと提携へ

列島に台風が接近し、今年も嵐の季節となりそうな今日この頃。皆様いかがお過ごしでし …

Xperia Z3 Compact(SO-02G) キャッシュバック開始

列島を包み込んだ寒波も過ぎ去り、あたたかい日差しを浴びる今日この頃。携帯界隈では …

au系MVNOのmineoが9月よりdocomo回線提供開始

SIMロック解除義務化が今月よりスタートし、MVNOの攻勢がさらに強まる今日この …

docomo 2年後に違約金のかからないプランを発表 長期ユーザー優遇へ

桜も散り、春雨に悩まされる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。 本日午前に …

no image
これで最後か 三連休iPhoneMNP特価

三連休の初日は関東を中心にあいにくの雨となりました。レジャーを楽しみにされていた …

docomo 週末限定でiPhone6値引きを実施

六月も下旬となり、長雨と湿気に悩まされるようになりました。 激動になるかと思われ …

iPhone旧モデルの修理価格改定 値下げへ

秋雨の季節となりました。続々とやってくる台風のように、荒れた心の内となった方も少 …

Willcom特価情報・新規一括0円

みなさんこんばんは。台風も過ぎすっかり暑くなりましたが、いかがお過ごしでしょうか …