kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

SoftBank MNPキャンペーンを「パワーアップ」して継続 徹底抗戦の構えか

   

花の色は移りゆくものといいますが、満開の便りが届きつつも、首都圏ではあいにくの天気となりました。

携帯業界も、新たな季節を迎えているようです。

SPONSORED LINK

のりかえ割パワーアップキャンペーン

ソフトバンクにのりかえ(MNP)すると、のりかえ割特典最大10,368円割引に加えて、ご利用料金から450円/月(最大2年間)を割引します。さらに、ご家族と一緒にのりかえ(MNP)の場合は、家族1人1人に900円/月(最大2年間)に割引額が増額します。また、本キャンペーンはギガ学割との併用が可能です。

http://www.softbank.jp/mobile/campaigns/list/norikae-powerup/

SoftBankは、4/1より、MNP転入者向けキャンペーン「のりかえ割パワーアップキャンペーン」を実施します。

4/1より、MNP転入者向けの端末購入補助が規制されることとなり、それを受け各社ともMNP転入者向け特典を廃止・縮小するなどの影響が出ていました。

しかし、ここにきて特典を拡充する流れとなったのは、かなり意外だったのではないでしょうか。

 

背景として挙げられるのは、先般のガイドラインにおけるパブリックコメントで、SoftBankは多数の意見や修正要求を出していましたが、大半が却下されるなど冷遇されたことがあるでしょう。

事実上の静観を決め込んでいたKDDIを除く形で、ドコモとSoftBankが応酬を繰り広げていたことが読み取れます。

 

SoftBankでは、過去に「光の道」構想をぶち上げ、一度は頓挫したかに思われましたが、光コラボレーションモデルによる卸販売という形で実現するなど、強いロビイング力に定評があります。

また、現在の端末代金分割・利用料金分離プランもSoftBankが導入したモデルに倣ったもので、その後のキャッシュバック戦争の魁となったなど、携帯販売市場を形作ってきた過去もあります。

そんなSoftBankの次の一手に、期待したいところです。

 - MNP, Softbank, キャンペーン, 料金プラン

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

GMOの新しいVPS ConoHaを使ってみた

桜の季節もとうに過ぎ去り、木の葉に長雨が滴る季節となりました。 先月サービスイン …

携帯代理店減益へ 新ガイドラインを受け

梅雨が近くなり、蒸し暑く感じることも多くなってきた今日この頃、皆様いかがお過ごし …

総務省 携帯端末の値引き規制へ 法規制も視野に

秋も深まり、雨がちな時期となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 冬の到来が …

Xperia Z3 買取り価格高騰か

台風が迫っているということで、天候が心配される今日この頃。みなさまいかがお過ごし …

【au】LTEプランのパケット従量制廃止へ

9月も最終日となりました、みなさんいかがお過ごしでしょうか。 収穫祭も今ひとつで …

no image
Y!mobile 新料金プラン発表

さて、ウィルコムとイーモバイルの合併によって誕生した、ソフトバンクグループのY! …

Wi-Fi WAKER特価

早い方はGWが始まったという週末、いかがお過ごしでしょうか。 大型連休といえば商 …

docomo シェア特割開始 「ツートップ」引きとめへ

暑い日が続き、バテてしまっている人も多いかもしれません。読者の皆様はいかがお過ご …

au ID統合に関する雑記【2016年版】

桜も散り始め、夏にむかってまっしぐらという今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょう …

ソフトバンク 1GB4,900円の低額プラン発表 au docomoも追従へ

今年は暖冬ということで、比較的あたたかい年末年始となりました。みなさまの戦果はい …