kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

ソフトバンク 徹底抗戦へ

   

見通しが悪い携帯業界ですが、雲の切れ目となるのでしょうか。

さきほどお伝えした行政指導に対し、ソフトバンクがプレスリリースを発表しました。

SPONSORED LINK

スマートフォンの端末購入補助の適正化に関する総務省からの要請について

当社は、2015年12月18日に総務省より公表された「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関する取組方針」等および2016年3月25日付けの「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」の趣旨を踏まえ、同ガイドラインに定義される「端末購入補助」の適正化に鋭意努めているところですが、本日付けで、本件に関して、総務省より要請を受けました。

http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20160405_02/

この中でソフトバンクは総務省からの要請に対し、

「競合事業者の機種変更時の本体価格や諸費用と、当社が設定するMNP時の本体価格との間に価格差がない限り、市場競争がなくなり、消費者不利益を生じさせる。」

「当社のキャンペーンは端末購入が条件ではなく、競合事業者と同様の割引であり端末購入補助にはあたらない。」

といった趣旨の回答をしています。

 

ガイドライン公表後にMNP転入者向けキャンペーンの拡充を行うなど、徹底抗戦の構えを見せていたソフトバンクですが、このような回答に至ったのは、ガイドライン案におけるソフトバンクのパブリックコメントが大半が却下された経緯があると思われます。

自由競争を規制する流れは、規制緩和による経済成長を目指したアベノミクスに相反するものであり、総務省は本気で、競争原理による携帯料金の値下げを目指す覚悟があるのか、甚だ疑問が残ります。

 

今後のソフトバンクの活躍に、期待したいところです。

 - MNP, Softbank, 携帯料金値下げ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

MNP弾徹底比較! 2016年版

今年も残すところあと1ヵ月ほど。そろそろ、年越しの準備、といった方も多いのではな …

進む携帯業界の共産化 止まらぬ総務省の暴走

日中は初夏の暑さが続く今日このごろ、読者のみなさまいかがお過ごしでしょうか。 多 …

切断型MNPを用いたクロス契約

MNP転出といえば、転出先での新規契約成立と同時に、旧契約が自動解約となるいわば …

イマサラ聞けない携帯乞食のイロハ(違約金編)

各種マスメディアでも報じられている通り、MNP(携帯番号ポータビリティ)制度を利 …

docomo 新契約ルールの運用開始 契約基準が大幅に変化か

夏の盛りもすぎ、すっかり秋雨の季節となってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょ …

docomo ガラケー向け通話定額プラン値下げへ

近頃は涼しい日もたまにある今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。 季節の変わ …

docomo 今週末もiPhone値引きへ

今週末は全国的に天気が崩れるようです。梅雨まっただ中の今日この頃、いかがお過ごし …

au 7月の下取り額公表 ガラケー・スマホの下取り減額

今年も半分が過ぎ、時の流れの速さを感じる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか …

au Androidスマートフォン下取り価格を減額

今日から新年度ということで、新生活に心を躍らせている方も少なくないのではないでし …

【北陸・関西】7月8日現在の特価情報 ドコモ・au

3月のauのiPhone5sの投げ売り以降あまり美味しい案件がない状態でしたが、 …