kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

携帯各社 決算好調 ガイドラインの影響で増収増益

      2016/11/12

実りの秋ということで、旬の食材に舌鼓を打つ、という方も少なくないのではないでしょうか。

携帯電話も実りの秋ということで、凶作が心配されていましたが、実態は異なるようです。

SPONSORED LINK

11月のはじめにかけて、国内携帯大手三社の半期決算が発表されました。

携帯大手3社とも増収増益 9月中間、データ通信量が増大

携帯大手3社の2016年9月中間連結決算が7日、出そろった。KDDIとNTTドコモ、ソフトバンクグループの国内通信事業をみると、全社が増収増益となった。タブレット端末などとの複数保有や、利用者が使うデータ通信量の増大などが要因だ。ただ、総務省が規制を強化する中、格安スマートフォンが攻勢を強めており、安定成長が今後も続くかは不透明だ。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/161108/bsj1611080500001-n1.htm

携帯各社では、多角化を進める他領域での成功や、ガイドラインによる実質価格値上げに伴う販売コストの削減を背景に、増収増益となりました。

特にNTTドコモの推進する「スマートライフ領域」や、KDDIの「au経済圏」では、動画配信やECを含む付加価値ビジネスで成果を上げています。

また、au、ソフトバンクがそれぞれ展開するサブブランド「UQ mobile」や「Y!mobile」も順調に契約者数を伸ばしており、MVNO業界でも大きな存在感となっています。

 

新ガイドラインによる実質価格規制に伴い、携帯各社では苦境が予想されましたが、結果的には販売コストの削減によりさらに収益を拡大することとなりました。

しかし、ガイドラインの目指していた収益のユーザーへの還元(≒値下げ)は進んでおらず、規制の結果、キャリアが焼け太りしているという批判もあります。

MVNOのさらなる普及へと向かっていくのか、はたまた市場規模の縮小という結末をたどるのか、今後とも注視して参ります。

 - au, docomo, Softbank, Y!mobile, 携帯料金値下げ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

no image
携帯各社 被災地での通信制限一時解除

熊本地域を中心とする地震では、多くの方々が死傷されるなど、大きな被害が出ています …

【北陸】au iPhone6・6Plus機種変更特価+α

皆さんごきげんいかかでしょうか?雨が多い季節になってきましたね。 今年の学割の季 …

au LTEガラケー向けプランで二段階データ定額復活へ 最低1,500円で維持可能へ

日に日に秋を感じる今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 携帯業界も実り …

au 1日解約の取り扱いを終了 月途中の解約と同じ扱いに

週末は全国的に寒波に見舞われるようです。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。 さ …

au下取り基準に関する雑記

冬至を迎え、寒さが一層きびしさを増す今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。 …

イマサラ聞けない携帯乞食のイロハ(契約ルール編)

各種マスメディアでも報じられている通り、MNP(携帯番号ポータビリティ)制度を利 …

docomo 従量制音声プランを復活 方針転換か

桜の季節もとうに過ぎ去り、初夏の訪れを感じる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょ …

iPhone6/6 PlusでVoLTE提供開始

日本国内では対応しないのではないか、とささやかれていましたが、まさかのアップデー …

au 下取りプログラム(乗りかえ)の金額が改定に

週末には寒気が南下し、初雪のラインも下がってくる予報ですが、みなさまいかがお過ご …

ソフトバンク オンラインで親権者同意書を作成できるサービス提供へ

早いもので3月もまもなくおわり。日中は温かさを感じる今日このごろ、読者の皆様はい …