kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

総務省、即日SIMロック解除を含む ガイドライン改正を公表 2月より施行へ

   

新年明けましておめでとうございます。今年も、よろしくお願いします。

さて、携帯業界は依然として波乱の一年となりそうです。

SPONSORED LINK

モバイルサービスの提供条件・端末に関するガイドライン
についての意見募集の結果

 総務省は、「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針(案)」の策定及び「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」の改正について、平成28年11月19日(土)から同年12月19日(月)までの間、意見募集を行いましたので、その結果とともに、ガイドラインの策定等について公表します。
総務省は、昨年携帯業界に激震をもたらしたガイドラインの改正を発表しました。
各項目につき、施行時期にばらつきがありますが、早いものは今年2月からの施行となります。
それでは、概要を見ていきましょう。

SIMロック解除関係

従来はSIMロック解除まで、各社とも6ヶ月間は解除できない期間を設けていました。

新ガイドラインでは、この期間を大幅に短縮し、一括払いの場合は即日でのSIMロック解除を求めています。

また、割賦の場合であっても、最大100日間とし、支払いが確認できた時点でのロック解除を求めています。

SIMロック解除期間の短縮は今年8月から、一括払いの場合は今年12月以降から適用となりますが、一部キャリアの対応が間に合わないということもあり、最大3ヶ月の猶予が認められています。

新ガイドラインでは、解約時のSIMロック解除を求めています。こちらは、今年5月から適用となります。

また、MVNO向けロックの解除を求めています。

価格面

引き続き、価格面での規制が強化されています。

いわゆる土日特価のような、期間をしぼったインセンティブの増額による端末の特売の規制が強化されました。

また、端末販売価格が、二年前の同型機種の下取り額を上回る設定とすることを求めるなど、かなり具体性のある踏み込んだ規制となっています。

 

今回の改正ガイドラインでは、昨年策定されたガイドラインよりもかなり踏み込んだ内容となっており、未だ市中にはびこる実質0円を消し去りたいという総務省の強い意向がにじみ出ています。

こうした携帯特売に対する締め付けを強化している一方、肝心の携帯料金の値下げは遅々として進んでおらず、一種のパフォーマンスと化しているのはこれまでも指摘している通りです。

今回のガイドラインが市場にどのような影響を与えるか、今後とも注視して参ります。

 - au, docomo, MVNO, Softbank, 携帯料金値下げ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

au 3G向け料金プランの改廃を実施

早いもので四月ももう終わり、すっかり夏のような気候となっています。皆様いかがお過 …

Xperia AとGalaxy S4の下取り価格改定 ツートップ囲い込みへ

朝晩の冷え込みが厳しい季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 さて、停 …

SoftBank MNPキャンペーンを「パワーアップ」して継続 徹底抗戦の構えか

花の色は移りゆくものといいますが、満開の便りが届きつつも、首都圏ではあいにくの天 …

3月週末特価情報(3/28・29)

実りの季節3月も佳境となってまいりました。これまで寝かせてきた回線を、今こそと意 …

NTTドコモ 新料金プランの影響で2014年度減収減益

春の嵐も過ぎ去り、すっかり夏野夏の気配で満ちあふれている今日この頃。皆様いかがお …

no image
ワイモバイル 旧プラン受付終了へ

早いものでもう7月も終わり。皆様今月の成果はいかがだったでしょうか。 今後の方針 …

au ID統合に関する雑記

auのサービスを120%活用するために、au IDは不可欠なものです。 そんなa …

キタムラ 来年までに129店舗閉鎖 デジカメとスマホの販売不振

暦の上では春ということですが、まだまだ寒さ厳しい今日この頃。皆様いかがお過ごしで …

dカードゴールド ステージ優遇廃止へ dポイントクラブ特典 2018年5月より変更

秋を飛ばしてすっかり冬といった風が吹く今日この頃。 大変ご無沙汰しております。い …

docomo 2年後に違約金のかからないプランを発表 長期ユーザー優遇へ

桜も散り、春雨に悩まされる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。 本日午前に …