kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

切断型MNPを用いたクロス契約

   

MNP転出といえば、転出先での新規契約成立と同時に、旧契約が自動解約となるいわば「自動解約型」が一般的ですが、実は旧契約をいったん解約し、MNP予約番号を発行する切断型MNPが可能です。

先日切断型MNPを用いたクロス契約を行ってきたので、ご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

切断型MNPとは

切断型MNPとは、MNP転出元回線をいったん解約し、MNP予約番号を発行することです。

大きなポイントとしては、解約手続きが先行するため、回線枠が埋まった状態でもMNP転入が可能ということです。通常なら、たとえばdocomoで5回線埋まっている状態で、auとdocomo間で回線を入れ替えるような場合、softbankなどにいったん回線を逃がす必要がありますが、切断型の場合はそれぞれの番号を失効させることなく手続きが可能です。

注意としては、切断型MNPの手続きおよび予約番号発行は、基本的にはショップでしか受付ていません。また、14日のMNP予約番号有効期限を超過すると電話番号が失効してしまいます。

言葉だけではわかりにくいかと思いますので、実例です。

使用例

今回のクロス契約の前提として、docomoに4回線、auに5回線保有していたとします。

目的は、docomoへ2回線、auへ1回線転入することです。

まずdocomoショップへ行き、1回線の切断型MNPを行いました。ショップの店員に「いったん回線を解約する形でMNP転出したい」と伝えたところ、問題なく手続きが可能でした。

続いてauショップへ行き、1回線の切断型MNPと、1回線の通常MNP手続きを行いました。こちらも、先ほどと同じように伝えましたが、店員によっては「切断型」で通じるようです。

そして、店舗にてdocomoへ2回線の転入と、auへ1回線の転入を行い、無事開通しました。切断型手続きから店舗で申込書を送信する間はおよそ2時間でした。

通常型MNPであれば、auからdocomoへ2回線転入するところで、docomoの回線枠は5を超えてしまい、開通できません。auも5枠埋まった状態での転入ですので、開通は困難です。しかし、切断型はMNP転出手続きの時点で、通常解約と同じ扱いになり、枠があくので契約が可能だったものと思われます。

まとめ

切断型MNPは、転入によって枠数がオーバーしそうなときに有効な手段です。一部ネット情報では、切断型MNPによって枠があくのは翌日という話もありますが、今回実際に当日中でも契約可能でしたので、お知らせいたします。

なお、お約束ですが、こちらで紹介した情報はあくまで一例に過ぎません。実際に契約が可能かどうかは日々変化していますので、自己責任でお願いします

切断型MNPを駆使して、お得に携帯を手に入れましょう。

 - MNP, 回線戦略

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

3月週末特価情報(3/7・8)

寒かった2月もおわり、実りの季節3月となりました。これまで寝かせてきた回線を、今 …

docomo 半年間のパケフラ縛りを本日より導入【追記あり】

かねてから噂されていましたが、ついに現実のものとなったようです。 携帯業界に冬の …

Softbank MNP短期解約に違約金最大4.5万円

実りの季節3月が終了し、盛り上がりも沈静化しつつある今日この頃。 勢いに水を差す …

docomo 月々サポート適用条件改定へ

8月も終わりに近づき猛暑日も少なくなってきた今日このごろ、読者のみなさんはいかが …

no image
au版Xperia Z3(SOL26) キャッシュバック開始とドコモ版Xperia Z3 Compact(SO-02G)がMNPでキャッシュバック開始か

先日、発売から2ヶ月弱でMNP一括0円デビューしたau版Xperia Z3ですが …

イオンモバイル シェアプランの運用考察

南の海では台風が発生した、梅雨明けしたばかりのナワオキに接近するとのことです。み …

no image
au公式キャンペーンまとめ(2/6現在)

全国的に雪が降るところが多いようです。外出時には路面凍結に注意する必要があります …

au 7月の下取り額公表 ガラケー・スマホの下取り減額

今年も半分が過ぎ、時の流れの速さを感じる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか …

au スマートバリュー顧客向けクーポンを減額 行政指導の影響

まもなく紅葉も盛りという今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 実りの秋 …

no image
セット割「ドコモ光」3月1日スタート

手先もかじかむ今日この頃。ついに噂されていたホットな話題です。