kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

au 下取りプログラムの画面割れ品基準に関する考察

      2018/04/21

桜も散りすこし季節の変化が早く感じる今日この頃、読者の皆様いかがお過ごしでしょうか。

先月末は収穫祭でしたが、下取り端末の調達に少し役立つ情報です。

SPONSORED LINK

※当記事の内容はあくまでも目安であり実際の下取り価格は店舗によって異なる場合があります。参考程度にご活用ください。

auにMNP転入時の下取り価格一覧に画面割れ品の価格が追加されてから、

Twitterなどで「背面の傷は破損品扱いとされた」「基準が厳しくなった」という話を散見するようになりました。

下取りプログラムのホームページ上では”画面割れ品”と表記されていますが、実際には画面以外が破損していても下取り価格が減額されるようです。

 

画面割れ品として減額されるもの

画面上に割れがあるもの

読んで字の通り画面上に割れがあるものは減額されます。また、ベゼルと呼ばれる液晶表示部以外の破損も減額対象となります。

液晶表示不良があるもの

バーコード状の線がでる表示不良があったり、点シミのような黒い影が出ている端末は減額対象となります。

画面上に傷や背面にかすり傷があるもの

画面上に指の腹で撫でるとひっかかりのある傷があるものや、背面に複数の大きなかすり傷がある端末は減額対象になることがあるようです。

ハマグリ

液晶パネルや背面パネルが浮いていて。バックパネルの光が筐体外に漏れ出している端末。

多少のハマグリなら、問題ないようです。

非純正品やオプション品が装着されているもの

オプション品のバックカバーや、非純正品のバッテリーが装着されている端末は減額対象となるようです。

 

 

上記の状態の端末は減額対象になる可能性が非常に高いので、下取り端末を購入する際は避けるべきと言えるでしょう。

また、上記基準は下取りを受付する店舗などによって、より判断が厳しいこともあります。詳しくは実際に下取りに出す店舗などに一度相談されることをおすすめします。

 

 - au, 活用術

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Softbank iPhone5S回線をSIMフリー端末で利用する

キャリア各社のなかでも、一際脂が乗っている案件の多いSoftbank。しかし、事 …

no image
東海道新幹線にお得に乗る方法

3月最初の土日となりました。年度末ということで何かと慌ただしい中、一息という方も …

イオンゴールドカードが届いたので、ご招待までの流れをまとめてみた。

今年は例年になく、雨がちな夏となりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 業 …

au スマホと通信容量を分け合えるタブレット向け新料金プラン発表

寒風が吹き荒れる季節となりました。携帯業界も厳しい北風が吹き荒れる今日この頃、皆 …

auとSoftBank 「通話定額プラン」値下げへ 低価格プラン投入

台風一過ということで、ようやく晴れ間が見えた週末でした。皆様いかがでしたでしょう …

KDDI 「実質0円」販売継続で総務省から口頭注意

週末は春の嵐となりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 携帯業界の嵐は、ま …

au 解約月の日割りを廃止へ 2016年1月から

秋もすっかり深まり、もうすっかり冬の気分となりつつある今日この頃。皆様いかがお過 …

au スマートバリュー顧客向けクーポンを減額 行政指導の影響

まもなく紅葉も盛りという今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 実りの秋 …

au ID統合に関する雑記

auのサービスを120%活用するために、au IDは不可欠なものです。 そんなa …

月額325円で100万曲以上が聴き放題になる「Prime Music」を日本で提供開始

定額聴き放題の「ストリーミング元年」や「ストリーミング戦国時代」といったことが言 …