kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

公正取引委員会 48回払いの調査へ

   

業界の天候も春先のような雨風強い今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日の総務省有識者会議で話題になった、48回払いと分割金免除オプションについて、公正取引委員会が調査をするようです。

SPONSORED LINK

公取委 スマホ“4年縛り”調査

「4年縛り」は、スマートフォンの4年間の分割払い契約で、携帯端末を購入した2年後に機種変更して同じプランを続けると、あわせて2台の端末の代金の残額が無料になる仕組みです。
契約が途中で解約しにくいため、4年にわたって顧客を囲い込んで、新規参入を阻む要因ではないかという指摘が根強くあります。
公正取引委員会は、おととし2年契約を条件に、通信料金から端末の代金を割り引く一方、途中で解約すると高額な料金を課す、いわゆる「2年縛り」については、新規参入を阻むおそれがあると指摘しています。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20180413/0010484.html

 

報道界隈では4年縛りとして煽っているこのシステムは、アップグレードプログラムなど月額オプションに加入することにより、

2年後に契約端末を下取りに出すことにより残りの分割金を免除する、事実上の残価設定型ローンです。

 

今回の調査は、9日に行われた総務省の有識者会議のNRI北氏の発言も踏まえているものだとおもわれます。

総務省、中古携帯流通を後押し 高額キャッシュバックは公取と対策

会議に出席した野村総合研究所のコンサルティング事業本部パートナーの北俊一氏は「販売店独自(のキャッシュバック)と言われるとどうしようもないので、公取と連携していただきたい」と述べた。

また、格安スマートフォン事業者主導の高額なキャッシュバックについても指針で規制の対象とすべきだと指摘した。

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180410/mca1804100500002-n1.htm

各種キャッシュバックや、事実上の残価設定システムについて公正取引委員会がどのような判断をするのかが非常にきになるところです。

 

また、中古携帯流通という言葉を有識者会議が始まって以来何度も目にしてきましたが、

自称有識者たちは端末の経年劣化やセキュリティ問題をどのように認識しているのでしょうか。

 

今度とも業界の動向を注視してまいります。

 - au, MVNO, Softbank, 市場価格動向, 携帯料金値下げ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

総務省 携帯料金の追加値下げを要求へ 各社決算好調を受け

南方では梅雨入りが発表されるなど、夏が一歩ずつ近づく今日この頃。みなさまいかがお …

au セブンイレブンでデータ容量の購入が可能に 期間限定増量キャンペーン

すっかり初夏の陽気が続く今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 データ通 …

no image
iPhone6/6 Plusの買取価格が下落の兆し

先日発売され、これまでかなり高い価格で取引されていたSIMフリーモデルのiPho …

イオンモバイル SIM1円セールを今夏も開始 9/4まで

早いもので今年も折り返し地点。いよいよ夏といった気候ですが、みなさまいかがお過ご …

KDDI 「実質0円」販売継続で総務省から口頭注意

週末は春の嵐となりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。 携帯業界の嵐は、ま …

iPhone 6S/6S Plus SIMフリー版買取停止続く

そろそろお布団が恋しい季節となってきました。冷えは健康の大敵、気を付けましょう。 …

docomo版Xperia Z3 まだまだ買取高騰

梅雨開け後間もないですが、週末には再び台風がやってくるそうですね。晴れ間はなかな …

iPhone SE キャリア版価格発表 docomoではFOMAからの機種変実質0円

発表から数日。名機のリニューアルということで、期待で持ちきりになっている携帯界隈 …

主要白ロム・市場価格動向(7/4)

日々変化の著しいモバイル界隈、できれば最新機種で、より素晴らしいユーザー体験をし …

主要白ロム・市場価格動向(7/8)

日々変化の著しいモバイル界隈、できれば最新機種で、より素晴らしいユーザー体験をし …