kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

iPhone6/6 Plus買取相場概況(10/25)

   

iPhone6/6 Plus発売から一ヶ月が経過し、落ち着きを取り戻したかに見えたiPhone界隈ですが、未だにSIM Free版は品薄が続いているようです。

本日の相場をみていきましょう。

SPONSORED LINK

代表的な買取業者の一例として、当サイトでも何度か取り上げている「携帯商店」と「海峡通信」を例に見ていきたいと思います。

お約束になりますが、価格情報は執筆時点におけるものです。正確な情報を提供するよう心がけておりますが、誤ってる場合があります。状況は日々刻々と変化していますので、今現在の買い取り価格、条件等については、各買い取り業者に直接お問い合わせください。

まずは携帯商店です。

iPhone6(SIM Free)

16GB 79,000円(GY SV -2,000円)

32GB 90,000円(GY SV -2,000円)

64GB 100,000円(GY SV -2,000円)

iPhone6 Plus(SIM Free)

16GB 100,000円(GY SV -4,000円)

64GB 110,000円(GY SV -2,000円)

128GB 120,000円(GY SV -3,000円)

 

続いて、海峡通信です。

iPhone6(SIM Free)

16GB 79,000円(GY SV -3,000円)

32GB 91,000円(GY SV -4,000円)

64GB 100,000円(GY SV -3,000円)

iPhone6 Plus(SIM Free)

16GB 98,000円(GY SV -2,000円)

64GB 110,000円(GY SV -2,000円)

128GB 120,000円(GY SV -2,000円)

 

iPhone6は下落、iPhone6 Plusは上昇となっているようです。依然として買い取り価格が販売価格を上回っている状況は続いており、需要の旺盛さがうかがえます。

しかし、エボラ出血熱騒動や、欧州での景気減速への懸念から円高傾向となりつつあり、買い取り価格はかなりの変動が見込まれます。発売当初よりはリスキーになっていることは確かなのかもしれません。

 - iPhone6, 市場価格動向

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

au下取り基準に関する雑記

冬至を迎え、寒さが一層きびしさを増す今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。 …

iPhone6/6 plus発売前夜

さて、熱狂に包まれた林檎教のミサから一週間、新型iPhoneであるiPhone6 …

主要白ロム・市場価格動向(7/7)

日々変化の著しいモバイル界隈、できれば最新機種で、より素晴らしいユーザー体験をし …

au版iPhone iOS8.3減額終了か 買取相場近況

とうとう八月に入り、一段と熱さが厳しくなる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょう …

主要白ロム・市場価格動向(7/10)

日々変化の著しいモバイル界隈、できれば最新機種で、より素晴らしいユーザー体験をし …

docomo のりかえボーナス開始

早いもので盆休みの時期となりました。携帯販売店においても、各種キャンペーンによる …

au 7月の下取り額公表 ガラケー・スマホの下取り減額

今年も半分が過ぎ、時の流れの速さを感じる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか …

SIMフリー版のiPhoneが一斉値下げ

木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました。 日本のApple Onl …

主要白ロム・市場価格動向(6/27)

日々変化の著しいモバイル界隈、できれば最新機種で、より素晴らしいユーザー体験をし …

SoftBank 直営2店舗でiPhone店頭修理サービス開始 5月9日から

大型連休を前に、熱気が増しつつある今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。 ふ …