kojiki.mobi

モバイルガジェットと愉快な仲間たち

*

appleが中国でiPhone下取り開始

      2015/04/21

桜の季節もすっかり終わり、春の嵐に見舞われる今日この頃。

実りの林檎にも陰りが出かねないお話です。

SPONSORED LINK

アップル、中国でiPhoneの下取り開始へ=ブルームバーグ

ブルームバーグによると、米アップル は中国で「iPhone(アイフォーン)」の下取りサービスを開始する。

関係筋の話として報じた。

下取りでは、鴻海科技集団(フォックスコン・テクノロジー・グループ)と提携する。

フォックスコンが直接、iPhoneを買い取り、必要な場合は修理をした上で、アリババ・グループ・ホールディングス が展開するオンラインサイト「淘宝網(タオバオ)」などで販売するという。

http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0WS2M620150326

appleが中国のapple storeにて、iPhoneの下取りサービスを開始するとのことです。

実際に買取を行うフォックスコンは、iPhoneを含むapple製品を製造している企業です。もちろん修理に関するノウハウももちろん持っているでしょう。

中国には、各国から新古・中古端末が流入しており、中古スマホの巨大市場となっています。

そのせいもあってか、日本の買取業者やキャリアの下取り端末も香港や中国本土、フィリピン等へ輸出し、そこから中国本土や中東、アフリカ等世界各地へと流れていると考えられています。

また、東洋経済ONLINE3月23日の記事「海を渡るiPhone、知られざる中古市場の実態販売店が買い取る大量のスマホはどこへ?」では、海外市場に流れている日本の中古スマートフォンの一部の経緯がまとめられています。

今回、apple公式での下取りサービスと、iPhoneの生みの親であるフォックスコンによる整備済み中古端末が中国本土で出回ることによって、中古iPhone市場にどのようなインパクトがあるのか、大変気になるところです。

その影響で香港でのiPhone相場に下落等の変動があれば、各キャリアが実施している下取り施策への影響もありうるでしょう。

世界最大の中古iPhone輸出国ともいわれる日本ですが、同様のサービスが日本で導入される日も、そう遠くはないのではないでしょうか。

 - iPhone6, 国際情勢

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

iPhone6/6 Plus買取相場概況(9/27)

さて、中華転売erや東南アジア転売erの組織動員によって警察沙汰になるほど過熱し …

no image
docomo版iPhone6/6 Plus 機種変更でもキャッシュバック

今日は全国的に寒い一日となっているようです。携帯業界では今日も熱い戦いが繰り広げ …

appleが音楽定額制サービスに参入へ 初回無料期間も

全国的に梅雨となりました。長雨にうんざりしている人も多いのではないでしょうか。 …

イギリスEU離脱派が勝利 急激な円高で買取相場暴落か

今年は雨が少ないとはいえ、お天気に恵まれない季節となりました。 冬の時代を迎えて …

no image
iPhone6/6 Plusの密輸が摘発

先日発売となったiPhone6/6 Plusですが、中国本土での発売が未定となっ …

no image
iPhone6/6 Plusを密輸しようとした日本人が拘束

先日、香港と珠海でiPhone6/6 Plusを密輸しようとした者が摘発された、 …

no image
iPhone6/6 Plus買取相場概況(10/20)

iPhone6/6 Plus発売から一ヶ月が経過しました。中国本土での発売の遅れ …

iPhone6/6 PlusでVoLTE提供開始

日本国内では対応しないのではないか、とささやかれていましたが、まさかのアップデー …

iPhone6/6 Plus買取相場概況(10/25)

iPhone6/6 Plus発売から一ヶ月が経過し、落ち着きを取り戻したかに見え …

no image
日本版SIMフリーiPhone6/6 Plus発売再開

去年の12月の発売停止以来、冬の時代となっていたSIMフリーiPhone界隈です …